火傷の広場(やけどSNS)やけど、熱傷、低温火傷の手当て、ケロイド・肥厚性瘢痕の治療法、培養皮膚、火傷ソーシャルネットワーク

火傷の手当、治療、SNS

SNS日記

火傷2ch

火傷RSS



やけどSNS

火傷とは長い付き合いという方、
やけどSNSはそんなあなたのための場所です。

仕組みはmixiやFacebookなどと同じ会員限定のサービスで、 火傷という共通体験をベースにして日常趣味から生き方まで何でも語り合います。 かつての「やけどBBS」のような緩い絆といえば分かる方!ぜひご登録ください(無料)。 詳細はやけどSNSへどうぞ。来る者拒まず、出る者引き止めず、お試し大歓迎ですよ。

やけどSNS
アカウント:
パスワード:



一刻も早く火傷を治したい!

火傷をするとじんじんと痛んだり、元の通り治るのかと不安になると思いますが、 正しい処理を施せばほとんどのケースでほぼ完治しますので、 対応方法をよく読んで、落ち着いて行動してくださいね。

火傷を治す為に

湿潤療法とは
気道熱傷とは
火傷とは
低温火傷とは
面積による火傷分類
火傷の応急手当、対処法
深さによる火傷分類(Boyer)
熱源による火傷分類

火傷専門医情報

重症熱傷患者の看護
第II度熱傷の治癒には約6週
デブリードマンとは
培養皮膚の分類、歴史
培養皮膚の現状
火傷の治療法(病院)
病院の実力 ~形成外科~
細胞外マトリックスとは
湿潤療法、夏井先生から手紙

皮膚をきれいに保つ食事

without comments



亜鉛は肌の維持に必須の成分
  • 肌を構成する皮膚は28日経つと、古い細胞は垢となり、すべての細胞が新しく生まれ変わる。
  • 細胞同士をつなぐコラーゲンの合成には亜鉛が大量に消費される。
  • この皮膚の新陳代謝が正常であれば肌がきれいに若返り続けることができる。
  • 亜鉛には、活性酸素の除去により老化を防ぐ、免疫力を上げる、性ホルモンも活性化させて皮膚に艶をだすなど、亜鉛だけで幾種類もの健康食品。
  • 亜鉛には、シミの元となるメラニン色素の代謝を促す効果もあるため、未然にシミ・ソバカスを防ぐ効果もある。
  • 火傷等により表皮より下の皮膚も欠損してしまうと、元のとおりには戻りにくくなりますが、亜鉛不足による新陳代謝異常が起こりやすくなるため、亜鉛を補充することがより重要となる(亜鉛補充療法)
  • 亜鉛は、人間の体内でコラーゲン合成以外の役割もあるため、生物の成長や発達に欠くことのできない必須ミネラルとして、成人の一日所要量が12mgとされている。
  • 日本は、ミネラルが少ない土壌ですので、欧米人に比べると血清中の亜鉛量が少なめといわれており、意識的に積極的に摂取することが必要。
  • この手のサプリメントは継続するものなので安全上の観点から大手商品が無難。
「ネイチャーメイド亜鉛」は近くのドラッグストアを見たときは819 円でしたが、楽天市場でも同じで、しかも3150円以上で送料無料とあるので、私はまとめ買いするときはこちらを使ってます。
 

Written by なご

11月 22nd, 2009 at 11:42 am

Posted in 自分で火傷ケア

Tagged with

にほんブログ村へ

Leave a Reply