火傷の広場(やけどSNS)やけど、熱傷、低温火傷の手当て、ケロイド・肥厚性瘢痕の治療法、培養皮膚、火傷ソーシャルネットワーク

火傷の手当、治療、SNS

SNS日記

火傷2ch

火傷RSS



やけどSNS

火傷とは長い付き合いという方、
やけどSNSはそんなあなたのための場所です。

仕組みはmixiやFacebookなどと同じ会員限定のサービスで、 火傷という共通体験をベースにして日常趣味から生き方まで何でも語り合います。 かつての「やけどBBS」のような緩い絆といえば分かる方!ぜひご登録ください(無料)。 詳細はやけどSNSへどうぞ。来る者拒まず、出る者引き止めず、お試し大歓迎ですよ。

やけどSNS
アカウント:
パスワード:



一刻も早く火傷を治したい!

火傷をするとじんじんと痛んだり、元の通り治るのかと不安になると思いますが、 正しい処理を施せばほとんどのケースでほぼ完治しますので、 対応方法をよく読んで、落ち着いて行動してくださいね。

火傷を治す為に

湿潤療法とは
気道熱傷とは
火傷とは
低温火傷とは
面積による火傷分類
火傷の応急手当、対処法
深さによる火傷分類(Boyer)
熱源による火傷分類

火傷専門医情報

重症熱傷患者の看護
第II度熱傷の治癒には約6週
デブリードマンとは
培養皮膚の分類、歴史
培養皮膚の現状
火傷の治療法(病院)
病院の実力 ~形成外科~
細胞外マトリックスとは
湿潤療法、夏井先生から手紙

Archive for the ‘倫理・性・経済’ Category

【米国】機内で、自分で熱湯こぼしやけどした乗客、航空会社に80万ドルの賠償求め提訴[12/09/27]

without comments

Written by やけ子

9月 27th, 2012 at 5:12 pm

火傷って漢字やめないか?

without comments

Written by やけ子

9月 24th, 2012 at 4:46 pm

外見で解らない障害が障害者と見なされないのはナゼ

without comments

Written by やけ子

9月 2nd, 2012 at 3:39 pm

再生医療のジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)、富士フイルムと提携

without comments

J-TECが今月29日に、第三者割当で約40億円の新株をすべて富士フイルムに割り当てる。
ジャパンティッシュエンジニアリング買収され
Read the rest of this entry »

Written by なご

10月 10th, 2010 at 9:49 am

ジャパンティッシュエンジニアリング買収され

with one comment

富士フィルム
医療分野を成長事業と位置付け、製品開発に力を入れている。
ジャパンティッシュエンジニアリング(J・TEC)に40億円出資、筆頭株主へ(41.3%)。
→富士フィルムHD急反落。

ジャパンティッシュエンジニアリング
培養皮膚はじめ、軟骨や角膜再生の製品開発にも取り組んでいる。
財務基盤が課題となっていた(2010年3月期の売上高:2億1100万円、最終損益:10億円)。
→ストップ高(6万6000円)。

素直に買っとけば良かったね。
J・TEC決算発表(株主じゃないけど気になる)
今月から培養皮膚が正式に保険適用になります。

https://www.toyokeizai.net/money/markett/detail/AC/12b7e8dfd7d0947ba21ad8d304e4b7a9/

Written by なご

9月 3rd, 2010 at 12:00 pm

美容整形に来年7月から課税【韓国】

without comments

Written by なご

8月 29th, 2010 at 3:00 am

皮膚ガン診断装置ベンチャー(米企業)に三菱商事が出資

without comments

このベンチャー企業オールセントは特殊な薬品とカメラを用いてメラノーマの診断の診断技術を持ち、近く臨床試験を控えており、2012年には実用化を目指している。
三菱商事とJ&Jがファンド(エマージェントメディカルパートナーズ)を通じて出資する。総出資額は2300万(追加出資あり)。この出資により三菱商事は日本とアジアでの販売を請け負う。

Written by なご

7月 12th, 2010 at 9:45 pm

「人体製造~再生医療の衝撃(NHKスペシャル)」が放映されます、3月28日(日) 21時

with one comment


切断した指の再生。幹細胞による美容治療。再生医療技術が驚異の治療を実現させている。作家で医師の海堂尊さんと共に、人体を”製造”する技術とどう向き合うべきかを考える。
3月28日(日) 21:00~21:49

http://www2.nhk-g.co.jp/wp/program/details/disp_j.asp?a=00&s=0&c=201003281783

これは見るべき!

Written by

3月 26th, 2010 at 11:20 pm

再生医療は現状どこまで実現できているのか整理

without comments

現在、ほぼすべての組織、臓器の再生が研究されている
構造の比較的単純な皮膚、血管、軟骨、角膜移植に成功している。
歯や毛髪の再生活用が近いうちに行われそう。
複雑な臓器移植は実用化のメドが立っていない。
関連銘柄
田辺三菱製薬 <4508.T>
メディネット <2370.T>
アンジェス MG <4563.T>
日本ケミカルリサーチ <4552.OS>
日立メディコ <6910.T>
傷んだ組織や臓器を修復する医薬品開発
協和発酵キリン <4151.T>
「歯槽骨」の再生医療
科研製薬 <4521.T>

Written by

1月 13th, 2010 at 9:42 pm