火傷の広場(やけどSNS)やけど、熱傷、低温火傷の手当て、ケロイド・肥厚性瘢痕の治療法、培養皮膚、火傷ソーシャルネットワーク

火傷の手当、治療、SNS

SNS日記

火傷2ch

火傷RSS



やけどSNS

火傷とは長い付き合いという方、
やけどSNSはそんなあなたのための場所です。

仕組みはmixiやFacebookなどと同じ会員限定のサービスで、 火傷という共通体験をベースにして日常趣味から生き方まで何でも語り合います。 かつての「やけどBBS」のような緩い絆といえば分かる方!ぜひご登録ください(無料)。 詳細はやけどSNSへどうぞ。来る者拒まず、出る者引き止めず、お試し大歓迎ですよ。

やけどSNS
アカウント:
パスワード:



一刻も早く火傷を治したい!

火傷をするとじんじんと痛んだり、元の通り治るのかと不安になると思いますが、 正しい処理を施せばほとんどのケースでほぼ完治しますので、 対応方法をよく読んで、落ち着いて行動してくださいね。

火傷を治す為に

湿潤療法とは
気道熱傷とは
火傷とは
低温火傷とは
面積による火傷分類
火傷の応急手当、対処法
深さによる火傷分類(Boyer)
熱源による火傷分類

火傷専門医情報

重症熱傷患者の看護
第II度熱傷の治癒には約6週
デブリードマンとは
培養皮膚の分類、歴史
培養皮膚の現状
火傷の治療法(病院)
病院の実力 ~形成外科~
細胞外マトリックスとは
湿潤療法、夏井先生から手紙

Archive for the ‘皮膚移植(植皮)’ Category

米男性、大やけどの顔面移植 『お父さん、ハンサムよ』と娘(画像あり)

without comments


「手術後に起きた時『こんなことが医学的に可能なはずがない』と思わず叫んでしまった。
でも、今では自分の顔として、自然に感じることができる」と話した。
執刀した医師団によると、視力は回復させることができなかった。

どんなブラックジャックだよw

Read the rest of this entry »

Written by なご

5月 10th, 2011 at 11:22 pm

やけどの治療は皮膚を「印刷」 医療新技術「バイオプリンター」

without comments

はやくしる!
Read the rest of this entry »

Written by なご

2月 20th, 2011 at 9:35 pm

世界初、顔の全面的移植手術に成功

with one comment

顔の全面的移植手術を受けたのは遺伝的病気で顔が変形したフランス人男性のジェロームさん(35)。
パリ郊外クレテイユのアンリ・モンドール公立病院のローラン・ランティエリ教授が6月26日から27日にかけて実施、教授によると、経過は良好で、8日に初めて鏡で移植後の顔を見たという。

http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100708/erp1007082108009-n1.htm

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100708-00000609-san-int

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/europe/413405/

http://blogs.yahoo.co.jp/nabeshi2002jp/60860168.html

こんなBJみたいな先生が本当にいるんだな。。。どんな術法だったんだろうか。

てか何から移植したの???

なにこれ怖い
Read the rest of this entry »

Written by なご

7月 10th, 2010 at 8:09 am

肌の再生医療(RACS療法)とは

without comments

メモ。

RACSは、Replenishment of Autologous Cultured Skin cellの略。
自身の肌細胞を衰えの目立つ部分に注入補充する肌の再生医療。
皮膚の中に注入(移植)した肌細胞は、毎日少しずつコラーゲンなどの真皮成分を分泌し続けることで、徐々に肌に厚みと張り、みずみずしさをもたらす。

ただし、長続きしないかも。火傷には効かないかも。

Written by なご

6月 4th, 2010 at 11:42 pm

〔皮膚〕切開修正 植皮 皮膚移植〔不足〕

without comments

皮膚不足、皮膚移植について語りたい

Read the rest of this entry »

Written by

12月 13th, 2009 at 2:35 am

Posted in 皮膚移植(植皮)

Tagged with

病院の実力 ~形成外科~

without comments

先日、読売新聞に、病院の実力と題して、やけど治療について特集されていました。
ここでは、一才の時に全身の80%やけどを負い、命は助かったがやけど跡が残った32歳の女性について紹介されていました。
読売新聞記事(2009年10月1日)
~以下引用を整理したもの~
やけどの浅い部分の皮膚をとって、強くただれた部分に移植する手術を繰り返していたが、
元のようなつやつやの皮膚に戻らない、全身麻酔による手術が怖いという理由で、手術をすることを止めた。しかし、日常生活に支障をきたしたことから再び手術を受けることを決心した。
日常生活における支障
  • やけどで硬くなった皮膚は伸びにくい
  • お腹の皮膚が引っ張られて、ぴりぴり痛む
  • 姿勢が前かがみになる
  • わき腹のちぢみのせいで、左腕が上がらない
  • やけどが深い部分は、皮膚がへこんでひきつれる
治療した病院
  • 聖マリアンナ医大病院(川崎市宮前区)
  • やけど治療に実績がある
  • 形成外科教授、熊谷憲夫
適用した治療方法
  • 縮んだ皮膚を切って広げる
  • 牛のたんぱく質で出来た人工真皮を縫い付ける
  • 人工真皮が定着したら皮膚を網目状に切って移植する
日常生活が楽になった、改善した点
  • 前かがみの姿勢をすることがなくなった
  • 左腕が上がるようになった
  • 皮膚のつっぱりがなくなった
火傷の深さ、範囲、場所によってさまざまな方法があり、今回のように時間がたっても対処可能な場合も多い、しかしどんな方法でも火傷の跡が消えることはない。

Written by なご

10月 5th, 2009 at 8:33 pm

顔面の皮膚80%移植、拒絶反応克服されてた

without comments

死亡したドナーから筋肉や骨など顔の提供を受けて、顔面の80%を移植した。
数ヶ月前にはフランスの顔面移植もあったし、
もはや他人の皮膚の拒絶反応はもはや克服されていたのか。。。
そっちのほうがショックだわ。
日本なにやってんだよ!
ただ話によれば、拒絶反応を食い止める薬を一生飲む必要はあるみたいだけど。

上動画は2004年に夫に散弾銃で顔を撃たれた顔で、今回の手術でつぶれていた鼻などを移植したとのこと。
顔面が大きく変形していたのとくらべると、たしかに手術した価値ありで、人間になれる、なんとか生きていけそうです。。。
しかし、散弾銃を顔って、アメリカ~たのむよ。。

慶応大学形成外科の中島教授は、移植自体は簡単とか負け惜しみぽいこと言ってて、
日本では倫理問題があるからできないみたいなコメントを寄せていた。

ってことは臓器移植の問題と同じで、倫理の問題さえ決着つけば、
日本でも心臓移植や顔面全部移植も夢じゃないわけだ。
まったくその人の顔になれちゃえば確かに問題増えるけど、
BJじゃないんだからそんな再現できる医者はさすがにいないだろう。

ただ、心臓は移植したら見えないけど、元の顔と似てないとはいえ見えちゃうからな、
遺族的には面影ぐらいは見えそうだし、つらすぎかな。。。

でも生き返ってくれたみたいで、術後にいい感じの人間関係を築けるようなケースだってありうる。
この手術受けた人も、まずお礼をいいに行くみたいなことを言っていたから。

顔面だったら脳死じゃなく心停止後でも間に合うだろうし、供給量的にも十分ありそうだから、
皮膚移植のハードルはけっこう低そうじゃないか(適当ですごめんなさい)。

術後の写真見ると、皮膚がだぶついているように見えるが、
これからこの皮膚を取り除く手術を行っていくらしい。

その皮膚ちょうだいよ。。。

Written by なご

5月 7th, 2009 at 10:51 pm

皮膚移植とその後のリハビリ

without comments

3歳の子供が2年前に右足ふくらはぎの広範囲(火傷程度Ⅱ強)に火傷を負いました。

Read the rest of this entry »

Written by

5月 14th, 2006 at 5:18 pm

植皮手術すると毛は生えないの?

with 2 comments

はじめまして。2ヶ月前もうすぐ2歳になる子供に火傷をさせてしまいました。

2ヶ月たっても皮膚が戻らないので手術が必要と言われました。

Read the rest of this entry »

Written by

1月 17th, 2006 at 8:28 pm

Posted in 皮膚移植(植皮)

Tagged with

やけどの皮膚移植へステイプラー(ホッチキス)使用について

without comments

移植皮膚の固定のホチキス使用はどう思いますか?

Read the rest of this entry »

Written by

10月 15th, 2005 at 5:41 pm