火傷の広場(やけどSNS)やけど、熱傷、低温火傷の手当て、ケロイド・肥厚性瘢痕の治療法、培養皮膚、火傷ソーシャルネットワーク

火傷の手当、治療、SNS

SNS日記

火傷2ch

火傷RSS



やけどSNS

火傷とは長い付き合いという方、
やけどSNSはそんなあなたのための場所です。

仕組みはmixiやFacebookなどと同じ会員限定のサービスで、 火傷という共通体験をベースにして日常趣味から生き方まで何でも語り合います。 かつての「やけどBBS」のような緩い絆といえば分かる方!ぜひご登録ください(無料)。 詳細はやけどSNSへどうぞ。来る者拒まず、出る者引き止めず、お試し大歓迎ですよ。

やけどSNS
アカウント:
パスワード:



一刻も早く火傷を治したい!

火傷をするとじんじんと痛んだり、元の通り治るのかと不安になると思いますが、 正しい処理を施せばほとんどのケースでほぼ完治しますので、 対応方法をよく読んで、落ち着いて行動してくださいね。

火傷を治す為に

湿潤療法とは
気道熱傷とは
火傷とは
低温火傷とは
面積による火傷分類
火傷の応急手当、対処法
深さによる火傷分類(Boyer)
熱源による火傷分類

火傷専門医情報

重症熱傷患者の看護
第II度熱傷の治癒には約6週
デブリードマンとは
培養皮膚の分類、歴史
培養皮膚の現状
火傷の治療法(病院)
病院の実力 ~形成外科~
細胞外マトリックスとは
湿潤療法、夏井先生から手紙

Archive for the ‘湿潤療法’ Category

やけど 火傷 熱傷について 3 【2010年9月まとめ】

without comments

やけど 火傷 熱傷について 3

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/body/1264992961

Read the rest of this entry »

Written by なご

10月 1st, 2010 at 7:33 am

火傷の治し方について。

without comments

夜も更けるときっと湿潤療法嫌いの携帯使用の回答者がやってきます

((((;゚Д゚)))ガクブル
Read the rest of this entry »

Written by なご

9月 10th, 2010 at 7:30 pm

湿潤療法をめぐる戦線に異常あり

without comments


100年早いわー!
Read the rest of this entry »

Written by なご

9月 8th, 2010 at 11:46 pm

Posted in 湿潤療法

鍋から蓋にしていたお皿を取る際、蒸気で火傷

without comments


・・・看護師の回答者が私の回答を半分否定して「1時間は冷やす様に」回答していましたが、ラップですぐに痛みが止まって補足が入ったのに、納得できずに・・・
((((;゚Д゚)))ガクブル
Read the rest of this entry »

Written by なご

9月 7th, 2010 at 12:31 am

Posted in 湿潤療法

2歳の息子が花火で火傷、火傷の湿潤療法

without comments

湿潤療法の病院へ転院された方はラッキーで、湿潤療法を知らない不勉強な医師の言われるままに「消毒とガーゼ治療は痛いのが当たり前なので我慢して続ける事」を正しいと信じて受けている方はアンラッキーです。

ひっひどい~!
Read the rest of this entry »

Written by なご

9月 7th, 2010 at 12:09 am

Posted in 湿潤療法

火傷の処置ラーメンのお湯(熱湯)をこぼして左太ももを火傷

without comments

こんなの湿潤療法でもつばでも治りますってば ><
Read the rest of this entry »

Written by なご

9月 4th, 2010 at 8:30 pm

Posted in 湿潤療法

今湿潤療法で気になる症状

without comments

まあ軽めの火傷だし。。。結局のところなんでも大丈夫ですけどww
とにかくお金もかからないし、痛くないのは湿潤療法、これ一番オヌヌメ。
Read the rest of this entry »

Written by なご

9月 4th, 2010 at 8:15 pm

Posted in 湿潤療法

創傷への消毒の是非ガチンコ対決

without comments

うーむ、素人的にはますますわけ分からなくなってきた。。。

http://aozora.jisseki.net/2010/08/post-18ed.html

<反対派>
・石岡第一病院(茨城県)傷の治療センター長の夏井睦氏
・ここ10年間、消毒液は1滴も使っていない。
・消毒液は創傷治療に使ってはならない。
・創傷の程度によらず使用していない。
・汚れ、血腫や滲出液などを徹底的に取り除くことが重要。
・水道水で洗い流すだけで十分。
・細菌の増殖が疑われたら、抗菌薬で対処する。

<肯定派>
・徳島大学教授の中西秀樹氏
・細菌が血液中に入るとショック等全身症状を引き起こすことがある。
・消毒液で洗浄し、細菌量の抑制を図ることが必要。
・消毒液で細菌の量を減らしてマイナスになることはない。
・皮膚の消毒は簡単かつ確実に行える手技だ。
・細菌量抑制のメリットが細胞傷害のデメリットを上回る。
・多くの医師の臨床経験に裏打ちされている。
・皮膚の感染リスクは相対的に高く、消毒液の利用価値がある。

Written by なご

8月 14th, 2010 at 6:55 pm

Posted in 湿潤療法

やけど 火傷 熱傷について 3 【2010年7月まとめ】

without comments

盛り上がってまいりましたww

湿潤療法 VS 非湿潤療法(従来)

やけどの症状、部位、治り方の個人差の組み合わせを数え上げたら、それは果てしない旅になります。
なのでこのどちらの治療法が良いのかを知るためには、同じ人が同じ時に同時進行で2つの治療法を試す必要があります。しかし、患者の立場でこのようなことをする人はまずいないでしょう。だから所詮患者がどうこう言えるはずがないし、断言しようとするのがおこがましいことだと思います。双方ムキになってるところが心理学的におもろいけどw

科学的事実に関する論争は科学(的な医者とか)に任せれておけば、いずれ間違ったほうが淘汰されるから心配する必要はありません。

とは言いつつ、個人的には、湿潤療法が正解という流れはすでに出来あがってると思う。つまり湿潤療法の勝利(軽い火傷という条件付きだけど)では?

ただ、テレビは科学や事実とはまったく無縁のメディアなのでまったく信用できないので、もうちょっと違った形の露出をしてほしいところではありますね~

Read the rest of this entry »

Written by なご

8月 2nd, 2010 at 6:26 pm

Posted in 湿潤療法

消毒や麻酔なしでの手術が日常化【北朝鮮】

without comments

消毒なし、湿潤療法スレw
Read the rest of this entry »

Written by なご

7月 16th, 2010 at 8:43 am

Posted in 湿潤療法