火傷の広場(やけどSNS)やけど、熱傷、低温火傷の手当て、ケロイド・肥厚性瘢痕の治療法、培養皮膚、火傷ソーシャルネットワーク

火傷の手当、治療、SNS

SNS日記

火傷2ch

火傷RSS



やけどSNS

火傷とは長い付き合いという方、
やけどSNSはそんなあなたのための場所です。

仕組みはmixiやFacebookなどと同じ会員限定のサービスで、 火傷という共通体験をベースにして日常趣味から生き方まで何でも語り合います。 かつての「やけどBBS」のような緩い絆といえば分かる方!ぜひご登録ください(無料)。 詳細はやけどSNSへどうぞ。来る者拒まず、出る者引き止めず、お試し大歓迎ですよ。

やけどSNS
アカウント:
パスワード:



一刻も早く火傷を治したい!

火傷をするとじんじんと痛んだり、元の通り治るのかと不安になると思いますが、 正しい処理を施せばほとんどのケースでほぼ完治しますので、 対応方法をよく読んで、落ち着いて行動してくださいね。

火傷を治す為に

湿潤療法とは
気道熱傷とは
火傷とは
低温火傷とは
面積による火傷分類
火傷の応急手当、対処法
深さによる火傷分類(Boyer)
熱源による火傷分類

火傷専門医情報

重症熱傷患者の看護
第II度熱傷の治癒には約6週
デブリードマンとは
培養皮膚の分類、歴史
培養皮膚の現状
火傷の治療法(病院)
病院の実力 ~形成外科~
細胞外マトリックスとは
湿潤療法、夏井先生から手紙

今月から培養皮膚が正式に保険適用になります。

with one comment



今回保険適用になる培養皮膚とは
  • 厚生労働省の中央社会保険医療協議会(中医協)は2008年17日、重症のやけどの治療のため、患者自身の細胞を培養して作る皮膚を、2009年1月から、健康保険など医療保険の対象とすることを決めた。
  • ベンチャー企業「ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング」(愛知県蒲郡市)が製造・販売する表皮「ジェイス」
  • 価格は80平方センチ・メートルで30万6000円。
  • これまで治療に月1000万円以上かかるケースもあったが、今後は高額療養費の対象になり、最大でも月数十万円で済むという。
  • 患者自身の皮膚組織を使うので、拒絶反応がなく、身体的な負担も少ない。
  • 昨年10月末に医療製品として製造が承認されたが、安全性などを慎重に議論したため、保険適用が遅れていた。

これは聞くところによると、水面下でフェニックスの会の尽力もあったらしい。ただし、ここでいう培養皮膚は表皮だけらしいので、これをもってしてもきれいな皮膚を再現できるわけではないとのことだった。残念。
表皮と真皮の複雑な細胞の種類と構造を再現するには、iPS細胞の研究がもっと進まないとだめってことなのかな。よくはわからないけど、いまは癌化を抑える研究をしているところらしいし、臨床はまだまだ先だろう。。。
顔の手術はエキスパンダーでのエントリーでも書いたけど、約8年前に、私もこの培養皮膚のプロトタイプ的な実験に関与したが、あのときは培養に失敗していたなたしか。。。
発表後まもなくの12月23日に、9割超熱傷の男児にこの培養皮膚を適用して命を取りとめたというニュースもあったし、すこしは人柱として貢献できたと思いたいな。
保険適用の発表があった2008年12月17日には、培養皮膚製造メーカーJ・TECの株価が14万のストップ高になるほどのインパクトだったが、この2、3日でまた大暴落して9万にまで下がっている。
応援のため今のうちかってしまおうかな。。。でもここ配当ゼロだから長期で持つのもきついな。

Written by

1月 14th, 2009 at 1:02 am

Posted in 皮膚培養

One Response to '今月から培養皮膚が正式に保険適用になります。'

Subscribe to comments with RSS or TrackBack to '今月から培養皮膚が正式に保険適用になります。'.

  1. [...] 素直に買っとけば良かったね。 J・TEC決算発表(株主じゃないけど気になる) 今月から培養皮膚が正式に保険適用になります。 [...]

にほんブログ村へ

Leave a Reply