火傷の広場(やけどSNS)やけど、熱傷、低温火傷の手当て、ケロイド・肥厚性瘢痕の治療法、培養皮膚、火傷ソーシャルネットワーク

火傷の手当、治療、SNS

SNS日記

火傷2ch

火傷RSS



やけどSNS

火傷とは長い付き合いという方、
やけどSNSはそんなあなたのための場所です。

仕組みはmixiやFacebookなどと同じ会員限定のサービスで、 火傷という共通体験をベースにして日常趣味から生き方まで何でも語り合います。 かつての「やけどBBS」のような緩い絆といえば分かる方!ぜひご登録ください(無料)。 詳細はやけどSNSへどうぞ。来る者拒まず、出る者引き止めず、お試し大歓迎ですよ。

やけどSNS
アカウント:
パスワード:



一刻も早く火傷を治したい!

火傷をするとじんじんと痛んだり、元の通り治るのかと不安になると思いますが、 正しい処理を施せばほとんどのケースでほぼ完治しますので、 対応方法をよく読んで、落ち着いて行動してくださいね。

火傷を治す為に

湿潤療法とは
気道熱傷とは
火傷とは
低温火傷とは
面積による火傷分類
火傷の応急手当、対処法
深さによる火傷分類(Boyer)
熱源による火傷分類

火傷専門医情報

重症熱傷患者の看護
第II度熱傷の治癒には約6週
デブリードマンとは
培養皮膚の分類、歴史
培養皮膚の現状
火傷の治療法(病院)
病院の実力 ~形成外科~
細胞外マトリックスとは
湿潤療法、夏井先生から手紙

培養皮膚の現状

without comments



  • ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングが培養する皮膚が保険適用になったことの意義は大きい、今後再生医療ビジネスがいっそう現実味を帯びてきた。ただし、この技術は、見た目はのっぺりとした人工物といった感じの皮膚であるため、重症熱傷患者が望む美容目的に用いることは出来ない。
  • セルバンクが培養する皮膚は美容目的としている点からもかなり期待が持てる技術である。しかし業継続性に多少の不安が残る。大手が乗り出してこないのはニッチだからなのかリスキーだからなのか。遺伝子系のベンチャーへの出資は盛んなんだけど。


重症やけど治療の培養皮膚に保険適用

  • 厚生労働省の中央社会保険医療協議会(中医協)は2009年1月から、重症のやけどの治療のため、患者自身の細胞を培養して作る皮膚を医療保険の対象とすることを決定。
  • 名古屋大学とベンチャー企業「ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング」(愛知県蒲郡市)が製造・販売する表皮「ジェイス」価格は80平方センチ・メートルで30万6000円が対象。
  • これまで治療に月1000万円以上かかるケースで、最大でも月数十万円で済むことになる(高額療養制度適用時)。
  • この培養皮膚の特徴は、患者自身の皮膚組織を使うので、拒絶反応がなく、一般的な植皮と違ってドナー皮膚が不要のため身体的な負担も少ないこと。

複合型培養皮膚の保険収載を目指す(事業復活)

  • 細胞保存・皮膚の再生医療のバイオベンチャーである株式会社セルバンクが、破産管財人預かりとなっていたビーシーエスの「複合型培養皮膚」事業を2009年10月28日に正式承継した。
  • この培養皮膚は、東海大学医学部の猪口貞樹教授が発明した技術で、表皮層と真皮層の両方を兼ね備えた培養皮膚を実現している。
  • 美容を目的とした皮膚の再生治療と患者の細胞を保存する細胞バンクサービスをおこない、まだまだ規模は小さいものの着実に市場を開拓し黒字化に成功している。
  • 現在、保険適用の確認申請を終了しており、次のステップである治験から製造販売承認申請といった過程にある。
  • 表皮を含めた皮膚全体の美容サービスの拡張をおこないつつ、血管や癌細胞といった複合型培養皮膚の応用による医療サービスを開拓していく。

Written by なご

11月 22nd, 2009 at 11:39 am

にほんブログ村へ

Leave a Reply