火傷の広場(やけどSNS)やけど、熱傷、低温火傷の手当て、ケロイド・肥厚性瘢痕の治療法、培養皮膚、火傷ソーシャルネットワーク

火傷の手当、治療、SNS

SNS日記

火傷2ch

火傷RSS



やけどSNS

火傷とは長い付き合いという方、
やけどSNSはそんなあなたのための場所です。

仕組みはmixiやFacebookなどと同じ会員限定のサービスで、 火傷という共通体験をベースにして日常趣味から生き方まで何でも語り合います。 かつての「やけどBBS」のような緩い絆といえば分かる方!ぜひご登録ください(無料)。 詳細はやけどSNSへどうぞ。来る者拒まず、出る者引き止めず、お試し大歓迎ですよ。

やけどSNS
アカウント:
パスワード:



一刻も早く火傷を治したい!

火傷をするとじんじんと痛んだり、元の通り治るのかと不安になると思いますが、 正しい処理を施せばほとんどのケースでほぼ完治しますので、 対応方法をよく読んで、落ち着いて行動してくださいね。

火傷を治す為に

湿潤療法とは
気道熱傷とは
火傷とは
低温火傷とは
面積による火傷分類
火傷の応急手当、対処法
深さによる火傷分類(Boyer)
熱源による火傷分類

火傷専門医情報

重症熱傷患者の看護
第II度熱傷の治癒には約6週
デブリードマンとは
培養皮膚の分類、歴史
培養皮膚の現状
火傷の治療法(病院)
病院の実力 ~形成外科~
細胞外マトリックスとは
湿潤療法、夏井先生から手紙

湯たんぽで低温火傷する人が増えてるから注意してください

without comments



最近やたらとテレビでよく見かけるようになった湯たんぽです。
湯たんぽは昔ながらの器具ですけど、いまどきの暖房器具と比較してもエコとか経済的だとかで重宝されているみたいです。確かにガスや電気を使わないし(お湯はいるけど)、空気も汚さないし、器具自体も安いのでデメリットが見当たらないぐらいの優れものです。
しかし、唯一といっていいデメリットが火傷、特に低温火傷です。
熱湯を注ぐときや、使用中に熱湯が漏れる危険性をはじめとして、暖かくて寝てしまい気がついたら低温火傷となってしまうパターンなど、湯たんぽは火傷と隣り合わせです。
低温火傷ランキングによると湯たんぽが第2位(1998年ですけど)につけているので、やはりうっかり寝てしまう方が多いんでしょうね。まあ暖かくなってうとうとしないのも難しいのですけど。。。
ちなみに私は大火傷しておいてなんですが小火傷すらも絶対したくないので、高コスト電気ストーブでこの冬をしのごうとしています。湯たんぽ派の方には十分注意して使ってほしいです。火傷してしまってからでは遅いので!
湯たんぽ、低温火傷関連エントリー

http://sokoniiru.blog65.fc2.com/blog-entry-136.html

http://blog.2chiiki.jp/ateriepassion/kiji/14033.html

http://ameblo.jp/man-cha/entry-10423410433.html

http://bunbunmei.jugem.jp/?eid=1398

http://celesphere.blog45.fc2.com/blog-entry-150.html

http://blog.2chiiki.jp/ateriepassion/kiji/14033.html

http://blog.goo.ne.jp/hashimoto-clinic/e/a0102f9aee3295644c7ee7824c2f1dcb

http://blogs.yahoo.co.jp/xx_blue_sky_view_xx/62841677.html

ちなみに夏には氷を入れて使える湯たんぽも売り出されているようです。また熱風時の氷枕として
も使えるらしいので、これはほしいかも。

Written by

1月 14th, 2010 at 6:30 pm

Posted in 低温火傷

Tagged with

にほんブログ村へ

Leave a Reply