火傷の広場(やけどSNS)やけど、熱傷、低温火傷の手当て、ケロイド・肥厚性瘢痕の治療法、培養皮膚、火傷ソーシャルネットワーク

火傷の手当、治療、SNS

SNS日記

火傷2ch

火傷RSS



やけどSNS

火傷とは長い付き合いという方、
やけどSNSはそんなあなたのための場所です。

仕組みはmixiやFacebookなどと同じ会員限定のサービスで、 火傷という共通体験をベースにして日常趣味から生き方まで何でも語り合います。 かつての「やけどBBS」のような緩い絆といえば分かる方!ぜひご登録ください(無料)。 詳細はやけどSNSへどうぞ。来る者拒まず、出る者引き止めず、お試し大歓迎ですよ。

やけどSNS
アカウント:
パスワード:



一刻も早く火傷を治したい!

火傷をするとじんじんと痛んだり、元の通り治るのかと不安になると思いますが、 正しい処理を施せばほとんどのケースでほぼ完治しますので、 対応方法をよく読んで、落ち着いて行動してくださいね。

火傷を治す為に

湿潤療法とは
気道熱傷とは
火傷とは
低温火傷とは
面積による火傷分類
火傷の応急手当、対処法
深さによる火傷分類(Boyer)
熱源による火傷分類

火傷専門医情報

重症熱傷患者の看護
第II度熱傷の治癒には約6週
デブリードマンとは
培養皮膚の分類、歴史
培養皮膚の現状
火傷の治療法(病院)
病院の実力 ~形成外科~
細胞外マトリックスとは
湿潤療法、夏井先生から手紙

火傷は治る?治らない?

without comments



私は実は、火傷は治るものとばかり思っていたのですが、実際に25%重症熱傷を負ってみてはじめて治らない場合もあるのだということを知りました。

治る火傷

  • 火傷が極狭い範囲のⅠ度①、浅いⅡ度②である場合、正しい初期対応、適切医療を受ければ完全に治癒する。
  • 適切な療法や処置、体質などにより数日から数週間の回復スピードに違いがでる。

治らない火傷

  • ある程度の範囲以上の深いⅡ度以上③、Ⅲ度④の火傷を負った場合は適切な治療がなされても、跡(痕)が残ってしまう可能性がある。
  • 火傷の原因、深さ、範囲によっては、どんな治療によっても元どおりにすることができない限界が存在する。
  • 火災等はじめ大規模な事故など、火傷が広範囲かつ深達性だと、救命第一であり、治療選択肢が少なく、さらに治らない事例が多くなる。

【ここから憶測注意】

小規模だと完全治癒するけど、広範囲だと限界がある。
この違いはなんなんでしょうね。

皮膚が作り出されるのは深皮なので、
破壊が深層に達していると、再生に支障が出るのは分かるけど、
それでも小規模だったら周囲の細胞が助け合うことで、完全に治癒する。

その助け合いの限界を超えるかどうかが、火傷が治るか治らないかを決定づけているようです。

失われた同胞(細胞)が少しなら、
元々と同じ細胞を作り出せるけど、
多すぎると、再生に時間がかかるから、そのうち自分を思い出せなくなって、
元とは違ったものを再生してしまう、みたいなこともあるのだろうか。。。しらんけど

Written by

12月 19th, 2009 at 11:20 pm

にほんブログ村へ

Leave a Reply