火傷の広場(やけどSNS)やけど、熱傷、低温火傷の手当て、ケロイド・肥厚性瘢痕の治療法、培養皮膚、火傷ソーシャルネットワーク

火傷の手当、治療、SNS

SNS日記

火傷2ch

火傷RSS



やけどSNS

火傷とは長い付き合いという方、
やけどSNSはそんなあなたのための場所です。

仕組みはmixiやFacebookなどと同じ会員限定のサービスで、 火傷という共通体験をベースにして日常趣味から生き方まで何でも語り合います。 かつての「やけどBBS」のような緩い絆といえば分かる方!ぜひご登録ください(無料)。 詳細はやけどSNSへどうぞ。来る者拒まず、出る者引き止めず、お試し大歓迎ですよ。

やけどSNS
アカウント:
パスワード:



一刻も早く火傷を治したい!

火傷をするとじんじんと痛んだり、元の通り治るのかと不安になると思いますが、 正しい処理を施せばほとんどのケースでほぼ完治しますので、 対応方法をよく読んで、落ち着いて行動してくださいね。

火傷を治す為に

湿潤療法とは
気道熱傷とは
火傷とは
低温火傷とは
面積による火傷分類
火傷の応急手当、対処法
深さによる火傷分類(Boyer)
熱源による火傷分類

火傷専門医情報

重症熱傷患者の看護
第II度熱傷の治癒には約6週
デブリードマンとは
培養皮膚の分類、歴史
培養皮膚の現状
火傷の治療法(病院)
病院の実力 ~形成外科~
細胞外マトリックスとは
湿潤療法、夏井先生から手紙

火傷で失った綺麗な肌は何年後取り戻せますか?

without comments



1 :もう死にたい:03/03/12 06:27 ID:RU/vm3u0

現代の医療では限界があるそうです。



2 ::03/03/12 06:31 ID:RU/vm3u0
http://sasaki.info.human.nagoya-u.ac.jp/semi00/ochi.html 
真皮まで剥ぎ取られていても、 
「メニコン」が2005年から量産する培養真皮を同時に貼り付けることで、 
元のようなきれいな皮膚をとりもどすことができるようになるのである。 
↑ 
本当かよ! 

4 :オーバーテクナナシー:03/03/12 07:48 ID:xxYcaQw9
>>1 
顔をやけどしたお嬢さん? 

5 :オーバーテクナナシー:03/03/12 15:42 ID:3H0DraWk
10ねんまて 

8 :オーバーテクナナシー:03/03/13 01:41 ID:VUCnI8aO
この際だから真っ黒に日焼け汁。日焼け美人。 

9 :オーバーテクナナシー:03/03/13 02:03 ID:pM/JY4hu
ううむ。 
火傷の跡かぁ。 
何年かすればかなり目立たなくなるとおもうが。 
医者板行って訊いた方がてっとりばやそう。 

10 :山崎渉:03/03/13 12:51 ID:ANSWyiFf
(^^) 

11 :オーバーテクナナシー:03/03/15 00:46 ID:oggk1zw8
なぜ? 

13 :オーバーテクナナシー:03/03/15 01:24 ID:5+5qOcw5
気にシナイのがいちばん。 

14 :オーバーテクナナシー:03/03/15 01:33 ID:edDWkO3/
顔ってのは目立つからなぁ。 
再生医療はアメリカの方が余程進んでるらしいから渡米してみては? 
保険利かないから全額自己負担だけど。 
どっちにしろ一度医者板行くべし。 

16 :オーバーテクナナシー:03/03/15 04:12 ID:oggk1zw8
顔は隠せないぞ 

17 :オーバーテクナナシー:03/03/15 08:30 ID:VvjbGCJn
>>1 
頑張れ! 

18 :オーバーテクナナシー:03/03/16 00:07 ID:gRxJay8g
誰にも限界がありますぞ 

20 :オーバーテクナナシー:03/03/16 22:46 ID:8BJf3Spt
医者板いってもすでに彼女が知っていることしか答えてくれない 
だろうしなー、なぜ彼女が未来技術板にスレたてたか考えると 
不可能とも言えないし、どうしよう 
今の技術じゃ目立たないところから真皮ごと剥がしてきて顔に 
移植するしかないだろう、しかしそれだとブラックジャック 
みたいな顔になっちまうだろう 
将来骨髄細胞からES細胞を取り出して培養できたら 
それを少しずつ体に注入してやれば失われた真皮も再生 
されるかもしれない、そしたら失われた手足も再生されて 
古い細胞が新しい細胞に置き換わり若返りもできるかもしれない 
遠い未来かもしれないけどきっと来る 
そう信じたい 

21 :オーバーテクナナシー:03/03/17 02:21 ID:K6qo5/ei
確かに未来はそうなるかもしれないけど彼女が生きてるのは今だから 

http://sasaki.info.human.nagoya-u.ac.jp/semi00/ochi.html 
真皮まで剥ぎ取られていても、 
「メニコン」が2005年から量産する培養真皮を同時に貼り付けることで、 
元のようなきれいな皮膚をとりもどすことができるようになるのである。 
↑ 
>>1-20 
これはどんな感じなの? 

23 :オーバーテクナナシー:03/03/18 14:50 ID:Hd/X2W/B
>>21 
培養皮膚を使えば、他の場所の皮膚を大量に剥いできて移植する必要はなくなる。 
これまでは持ってくる皮膚が足りない場合、ガーゼや包帯を使って自然治癒させて 
傷跡がケロイド状になってたけどその心配もなくなる。 
さらに2005年完成予定の真皮も併用すれば深い傷にもある程度対応できる。 
しかし毛細血管や汗腺などの今の培養で解決できない問題はこれからの課題。 

つまり完全に元の皮膚とはいかないが、火傷のケロイドは無くせるってことだと思うよ。 

24 :オーバーテクナナシー:03/03/18 18:00 ID:ouOA+Yt/
>>23 
毛細血管を再生させる薬ならもうあったような・・・ 

28 :オーバーテクナナシー:03/03/19 08:55 ID:6JfuGKZt
>>25 
>>21の技術が普及すればなんとかなるはず。 
あと10年も待つ必要も無いかも知れない。 
期待していいと思う。頑張れ! 
>>27 
漏れも詳しくはないけど、やはり他の場所からの移植が精一杯だと思う。 
だから怪我の範囲が広いとどうしようもないんじゃないかな。 
人工皮膚の完成が待たれる理由はそこにある・・・と思う。 

25 :オーバーテクナナシー:03/03/19 00:01 ID:1nllD4kk
問題は顔だ。他の部分は服を着てればある程度隠せるけど。 
顔だけで良いから元の様な肌に戻してほしい。 
顔に関しては汗腺や毛穴はいらないから見た目だけ良いから綺麗な肌の顔にして欲しい。 

26 :オーバーテクナナシー:03/03/19 00:22 ID:1nllD4kk
10年後でも元の皮膚を取り戻すのは厳しい? 

27 :オーバーテクナナシー:03/03/19 02:36 ID:1uDt/MX9
ぜんぜん無知だけど。 
整形手術じゃダメなの? 
整形手術ってのは、既にある皮膚を利用するものであって、なくなった皮膚をどうにかできるわけじゃないのかな? 

29 :オーバーテクナナシー:03/03/20 03:06 ID:IoaukVmr
医者板は現実主義者ばっかりで 
絶望することがあるかもしれんなー。 
ここは不屈とロマンと妄想理論が渦巻く板だから 
少しは希望が持てるかも。 

30 :オーバーテクナナシー:03/03/20 03:43 ID:i8H9Vipf
冷凍睡眠が可能なら良いのに 

31 :オーバーテクナナシー:03/03/20 04:34 ID:QPHXlDFf
火傷って最初の治療が肝心だけど、常識を知らない医者って多いからなぁ。 

たとえば、怪我をしたら、傷口を乾燥させて清潔に保つなんて治療が、 
今でも一部の医療従事者の間では、常識になっていると思うが、 
これって最先端の生命情報学方面から、生命構造の再生を考えるときには、 
当然×だと思う。 
傷口を常に湿らせた状態に保っておかないと、皮膚が引きつり引っ張りになって、 
正しい形に再生されるのを、大幅に妨げてしまうことが多い様子。 
だから、犬や猫などの哺乳動物は、怪我をした場所を舐めて、 
常に湿った状態を保とうとする本能的な行動をとる。 
それが不衛生だと考えて、乾いたガーゼや包帯で保護するのは、 
自然の摂理に反する愚行、非科学的な迷信以外の何者でもないだろう。 

現代医学の医療行為の中には、あまりにもナンセンスな迷信が多すぎる。 
薬の有効率なんて、20%に届かなくても当たり前、 
8割の患者にはうまく効かない薬が当然のように処方されていたりするような、 
とんでもない現状だからなぁ。 

USA発の火傷の治療では、専用のフィルムなどで火傷の痕を覆うことで、 
常に湿った、細胞が正しく再生するための活動が可能な状態を保って、 
跡形無く治るように促している様子。 

そういえば、手術の跡を、皮膚を糸で縫い合わせるのも、 
再生を妨げて傷跡を残すやり方なので、絶対にしてはいけないことなんだよね。 
現代医療の常識の多くは、じつは非科学的でナンセンスな非常識の塊だったりする。 
このスレッドの8割以上が、誤情報だと感じる。 

31 :オーバーテクナナシー:03/03/20 04:34 ID:QPHXlDFf
火傷って最初の治療が肝心だけど、常識を知らない医者って多いからなぁ。 

たとえば、怪我をしたら、傷口を乾燥させて清潔に保つなんて治療が、 
今でも一部の医療従事者の間では、常識になっていると思うが、 
これって最先端の生命情報学方面から、生命構造の再生を考えるときには、 
当然×だと思う。 
傷口を常に湿らせた状態に保っておかないと、皮膚が引きつり引っ張りになって、 
正しい形に再生されるのを、大幅に妨げてしまうことが多い様子。 
だから、犬や猫などの哺乳動物は、怪我をした場所を舐めて、 
常に湿った状態を保とうとする本能的な行動をとる。 
それが不衛生だと考えて、乾いたガーゼや包帯で保護するのは、 
自然の摂理に反する愚行、非科学的な迷信以外の何者でもないだろう。 

現代医学の医療行為の中には、あまりにもナンセンスな迷信が多すぎる。 
薬の有効率なんて、20%に届かなくても当たり前、 
8割の患者にはうまく効かない薬が当然のように処方されていたりするような、 
とんでもない現状だからなぁ。 

USA発の火傷の治療では、専用のフィルムなどで火傷の痕を覆うことで、 
常に湿った、細胞が正しく再生するための活動が可能な状態を保って、 
跡形無く治るように促している様子。 

そういえば、手術の跡を、皮膚を糸で縫い合わせるのも、 
再生を妨げて傷跡を残すやり方なので、絶対にしてはいけないことなんだよね。 
現代医療の常識の多くは、じつは非科学的でナンセンスな非常識の塊だったりする。 
このスレッドの8割以上が、誤情報だと感じる。 

32 :オーバーテクナナシー:03/03/20 05:43 ID:i8H9Vipf
USA発の火傷の治療では、専用のフィルムなどで火傷の痕を覆うことで、 
常に湿った、細胞が正しく再生するための活動が可能な状態を保って、 
跡形無く治るように促している様子。 
↑ 
日本では糞厚生労働省せいで認可されてない模様です。 

盲腸の手術をした事があるけど縫わなくても平気だったの? 

34 :オーバーテクナナシー:03/03/20 17:26 ID:iNCEQmc8
>>32 
格闘技やってますが、負傷して裂けた傷は縫っても痕が残るので、あんまり意味がなさそうです。 
なので、テープでくっつけるようにしてます。 
自分達だけのマイナーな話かと思っていたら、 
どうやらプロレスラーにも、同じような見解を持つ人がいるらしいので、ちょっと驚き。 

スーパーヌッドで有名な玲サマは、アロン●ルファでくっつけるような話をするから、 
お付き合いするのが怖いというか。。。 
もちろん、歯科用の瞬間接着剤などもあるので、まったくナンセンスというわけではないようだけど、 
傷口にガーゼを当てた上から、瞬間接着剤を染み込ませた刷毛でちょちょいとやるなんて。。。 
あまりにもスーパーヌッドで、抵抗ありすぎます。 
もちろん、国内での違法な治療ではなく、 
当方が保有する海外(他の国籍の船の上)での治療行為の話ですよ。 

33 :オーバーテクナナシー:03/03/20 13:50 ID:j7MY1mVq
これでがんばれ 

ttp://www6.plala.or.jp/private-hp/samuraidamasii/tamasiitop/baiotekunorozi/bairotekunorozi.htm 

36 :オーバーテクナナシー:03/03/20 18:21 ID:iNCEQmc8
>>33 
角膜を幹細胞から数週間で完全に元通り再生する技術が確立されたり、 
最近の再生治療の進歩は目覚しいからな。 

でも、他人の皮膚を貰ってくるのは、ちょっと抵抗がある人も多いかもしれないぞ。 
腕などをメスで切って隙間を作って、そこにへその緒を埋め込んで、 
跡形なく吸収させる健康法などもあって、試してみて問題ないので、 
新生児の細胞は、体にうまく吸収されて痕が残らないという話は眉唾ではないと思うが、 
皮膚の移植で完全に痕が残らないという保証は、できかねるのでは。 

35 :オーバーテクナナシー:03/03/20 17:30 ID:iNCEQmc8
床擦れが酷くなると、その部位を切除することになる様子だけど、 
その治療も、乾燥させないほうがいい筈。 
皮膚の再生技術をきちんとすることは重要かも。 

37 :オーバーテクナナシー:03/03/20 22:08 ID:i8H9Vipf
ぶっちゃけ10年後はどう? 

38 :オーバーテクナナシー:03/03/20 22:29 ID:i8H9Vipf
角膜は透明だから移植しても目立たないけど皮膚は色があるからね。 
表皮は真皮に影響されてその場所の皮膚の性質になるけど 
真皮は皮下組織に影響されるのかな?(もちろん自家培養の場合だよ 
他人の皮膚は一時しのぎでは? 

39 :オーバーテクナナシー:03/03/20 22:32 ID:i8H9Vipf
http://www6.plala.or.jp/private-hp/samuraidamasii/tamasiitop/baiotekunorozi/bairotekunorozi.htm 
ここのHPの管理人はチンコの皮と美少女が好きっぽい(笑 

40 :オーバーテクナナシー:03/03/21 01:04 ID:tLUspQlH
数年前に読んだ話、 
指の先の、骨が入ってない程度の先の部分を切断してしまった場合、 
普通に治療したら長さが短くなったまま皮膚が再生されて指が短くなってしまうけど、 
アルミホイルで先を包んでおく事により、元の長さまで肉や爪が再生される 
という治療法ができたという。 
その話を読んだ時、いまいちピンと来なかったんだけどなるほど、 
肉が露出してしまった場合、湿り気を保つのね。 

ところで、傷口をアロンアルファで閉じるの、昔やりました。 
結局いまでも傷跡は残ってるけど縫い目がないだけマシなのかな? 

42 :オーバーテクナナシー:03/03/21 05:09 ID:Dy5BGoA5
>>40 
私は折れた竹刀が腕に食い込んで、4センチほどの裂け傷を作ってしまったときに、 
瞬間接着剤でくっつけてもらいましたが、 
0.5ミリくらいの太さの白い糸のように裂け痕が残ったものの、 
間近でよくよく見ないとわからない程度で済みました。 

傷口に、乳酸菌生産物質系の、ある程度消毒性なども期待できる健康食品 
(主成分は、アミノ酸、乳酸、DNAなど、大豆の発酵分解栄養物質)を塗って、 
細胞分裂による修復を促進する環境を整えておく処置をしたお陰かな。 

瞬間接着剤を使うときの注意点は、傷口にどぱっと付けすぎないこと。 
再生の妨げになるほど、量を塗ってしまうと、痕が残っても当然でしょう。 
塗布する異物は、少なければ少ないほど良い筈。 

49 :オーバーテクナナシー:03/03/21 16:00 ID:MBRHVTiF
>>42 
乳酸菌類が生産した物質を塗布する方法は、良いアイディアかもしれない。 
犬猫などの動物の場合は、舐め続けることで、細胞の活動を助けているが、 
人間様が同じことをしているわけにもいかないし、 
同等の効果を狙う着想は悪くないな。 

しかし、ヨーグルトなどの生菌を使ったら危ないぞ。 

50 :オーバーテクナナシー:03/03/21 16:20 ID:/CMKAEiZ
>>42 
バイオトイレンZを塗ったのか? 
http://www3.coara.or.jp/~tomoyaz/higa0208.html#021026 

52 :40:03/03/21 21:14 ID:tLUspQlH
>>42 
僕も、傷跡はそれくらいで目立たないです。 
他に単車でコケてトラックの下にもぐりこんだ時の傷もあって、 
尻から足にかけて30cmくらい、皮膚がいくらかもってかれて幅10cmくらいに開いてたので 
救急で運び込まれたところで皮下脂肪細胞をすくいとって凧糸みたいなのでかきよせて縫ったので、 
派手な傷跡が今でも残ってます。 
皮下脂肪細胞が戻らないのか、今でもちょっとそこだけ凹んでて、皮膚が分厚くなってますが、 
傷が傷だったので

Written by なご

11月 21st, 2009 at 11:13 am

Posted in 医療・専門医

Tagged with

にほんブログ村へ

Leave a Reply