火傷の広場(やけどSNS)やけど、熱傷、低温火傷の手当て、ケロイド・肥厚性瘢痕の治療法、培養皮膚、火傷ソーシャルネットワーク

火傷の手当、治療、SNS

SNS日記

火傷2ch

火傷RSS



やけどSNS

火傷とは長い付き合いという方、
やけどSNSはそんなあなたのための場所です。

仕組みはmixiやFacebookなどと同じ会員限定のサービスで、 火傷という共通体験をベースにして日常趣味から生き方まで何でも語り合います。 かつての「やけどBBS」のような緩い絆といえば分かる方!ぜひご登録ください(無料)。 詳細はやけどSNSへどうぞ。来る者拒まず、出る者引き止めず、お試し大歓迎ですよ。

やけどSNS
アカウント:
パスワード:



一刻も早く火傷を治したい!

火傷をするとじんじんと痛んだり、元の通り治るのかと不安になると思いますが、 正しい処理を施せばほとんどのケースでほぼ完治しますので、 対応方法をよく読んで、落ち着いて行動してくださいね。

火傷を治す為に

湿潤療法とは
気道熱傷とは
火傷とは
低温火傷とは
面積による火傷分類
火傷の応急手当、対処法
深さによる火傷分類(Boyer)
熱源による火傷分類

火傷専門医情報

重症熱傷患者の看護
第II度熱傷の治癒には約6週
デブリードマンとは
培養皮膚の分類、歴史
培養皮膚の現状
火傷の治療法(病院)
病院の実力 ~形成外科~
細胞外マトリックスとは
湿潤療法、夏井先生から手紙

デブリードマンとは

without comments



デブリードマン

  • 独:Debridement、略してデブリ、デブリードメントとも呼ばれる。
  • 創傷部をよく洗浄して汚染物を洗い流し、挫滅した組織などを切除して新しいきれいな創面を作り出す方法。
  • 創傷外科治癒の原則。
  • 壊死した組織は正常な肉芽組織が成長する際に妨げとなる。
  • 感染した組織があると正常な肉芽組織は出来てこない。
  • 壊死組織が残っていると表皮の伸びが止まってしまう。
  • きれいな生きた組織が露出した創面を作ることではじめて処置が可能となる。
  • 植皮する前にも行われる。
  • ただし、主要な神経、血管、腱に対するデブリードマンは一般に禁忌らしい。

術法
外科的デブリードマン
メスやハサミを用いて創の異物、壊死組織を切除。サージトロンなどによる電気焼却。
化学的デブリードマン
外用剤を用いて創の異物、壊死組織を溶解。
保存的デブリードマン
特殊な素材に創の異物、壊死組織を吸収させる。

http://00576776.at.webry.info/201001/article_42.html

http://recerece.blog88.fc2.com/blog-entry-11.html

最初きいたとき、今流行の戦隊ものか何かかと。。

Written by

1月 15th, 2010 at 9:29 pm

にほんブログ村へ

Leave a Reply