火傷の広場(やけどSNS)やけど、熱傷、低温火傷の手当て、ケロイド・肥厚性瘢痕の治療法、培養皮膚、火傷ソーシャルネットワーク

火傷の手当、治療、SNS

SNS日記

火傷2ch

火傷RSS



やけどSNS

火傷とは長い付き合いという方、
やけどSNSはそんなあなたのための場所です。

仕組みはmixiやFacebookなどと同じ会員限定のサービスで、 火傷という共通体験をベースにして日常趣味から生き方まで何でも語り合います。 かつての「やけどBBS」のような緩い絆といえば分かる方!ぜひご登録ください(無料)。 詳細はやけどSNSへどうぞ。来る者拒まず、出る者引き止めず、お試し大歓迎ですよ。

やけどSNS
アカウント:
パスワード:



一刻も早く火傷を治したい!

火傷をするとじんじんと痛んだり、元の通り治るのかと不安になると思いますが、 正しい処理を施せばほとんどのケースでほぼ完治しますので、 対応方法をよく読んで、落ち着いて行動してくださいね。

火傷を治す為に

湿潤療法とは
気道熱傷とは
火傷とは
低温火傷とは
面積による火傷分類
火傷の応急手当、対処法
深さによる火傷分類(Boyer)
熱源による火傷分類

火傷専門医情報

重症熱傷患者の看護
第II度熱傷の治癒には約6週
デブリードマンとは
培養皮膚の分類、歴史
培養皮膚の現状
火傷の治療法(病院)
病院の実力 ~形成外科~
細胞外マトリックスとは
湿潤療法、夏井先生から手紙

第II度熱傷の治癒には約6週

without comments



結論

  • 第II度熱傷をうけた口腔粘膜と微細血管構築が治癒状態となるには約6週を要することが明らかになった。
  • 中等度の口腔粘膜熱傷の詳細な組織修復と、これに貢献する微細血管構築の変化の相互関係が明らかにされた。

背景、実験方法

  • 口腔粘膜は高温の飲食物による熱傷に遭遇する機会が多い。
  • 第II度熱傷(水疱形成)を実験的に惹起させ、損傷を受けた組織の修復状況的に追究し、その修復に貢献する微細血管構築の連続的変化について、肉眼・組織学的、微細血管鋳型の三者を同時に比較しつつ検索し、一般の第II度熱傷の修復像とも比較を試みた。

実験結果

  • 舌背粘膜の熱傷の治癒過程は下記の5期に区分することができた。
  • 1.水疱形成、2.同退縮期、3.潰瘍期、4.上皮修復前期、5.上皮修復後期
  • 水疱形成期では固有層毛細血管は拡張し筋線維の横紋は消失していた。
  • 糸状乳頭は不規則な配列となり、乳頭間距離、毛細血管ループの上・下行両脚間および細静脈網網目それぞれが拡大していた。
  • 水疱退縮期では水疱上皮が一部脱落し、固有層乳頭と毛細血管は消失していた。
  • 糸状乳頭の毛細血管ループ全体、細静脈網網目と、固有層と筋層の毛細血管も消失し、細動・静脈だけが認められた。
  • 潰瘍期には創辺縁の粘膜上皮が隆起し、表面には放射状溝が認められ、創中心部が陥凹していた。
  • 創辺縁部にある糸状乳頭の毛細血管ループは創中心に傾斜し、ループの先端は膨大していた。
  • 上皮修復前期では、粘膜上皮が創周縁から創面全体に伸展しており、瘢痕形成のために創中心を横断している溝が認められたが、粘膜の各構成層はすでに明瞭となっていた。
  • 創縁から創中心まで糸状乳頭が新生しており、創縁の既存毛細血管や創底からの新生毛細血管が吻合して網目を形成し、これから毛細血管ループが新生していた。
  • 創中心では新生洞様血管が緻密な血管綱を形成していた。
  • 上皮修復後期では、すでに創面の粘膜上皮は修復されているが、固有層にはまだ幼若な結合組織がみられ、創部にはすべて新生糸状乳頭が認められた。
  • 創縁から創中心へと新生毛細血管ループは正常型となり、42日後にはこれらは完全に修復されていた。

 

http://ci.nii.ac.jp/naid/110001723618

Written by

1月 21st, 2010 at 9:40 am

にほんブログ村へ

Leave a Reply