火傷の広場(やけどSNS)やけど、熱傷、低温火傷の手当て、ケロイド・肥厚性瘢痕の治療法、培養皮膚、火傷ソーシャルネットワーク

火傷の手当、治療、SNS

SNS日記

火傷2ch

火傷RSS



やけどSNS

火傷とは長い付き合いという方、
やけどSNSはそんなあなたのための場所です。

仕組みはmixiやFacebookなどと同じ会員限定のサービスで、 火傷という共通体験をベースにして日常趣味から生き方まで何でも語り合います。 かつての「やけどBBS」のような緩い絆といえば分かる方!ぜひご登録ください(無料)。 詳細はやけどSNSへどうぞ。来る者拒まず、出る者引き止めず、お試し大歓迎ですよ。

やけどSNS
アカウント:
パスワード:



一刻も早く火傷を治したい!

火傷をするとじんじんと痛んだり、元の通り治るのかと不安になると思いますが、 正しい処理を施せばほとんどのケースでほぼ完治しますので、 対応方法をよく読んで、落ち着いて行動してくださいね。

火傷を治す為に

湿潤療法とは
気道熱傷とは
火傷とは
低温火傷とは
面積による火傷分類
火傷の応急手当、対処法
深さによる火傷分類(Boyer)
熱源による火傷分類

火傷専門医情報

重症熱傷患者の看護
第II度熱傷の治癒には約6週
デブリードマンとは
培養皮膚の分類、歴史
培養皮膚の現状
火傷の治療法(病院)
病院の実力 ~形成外科~
細胞外マトリックスとは
湿潤療法、夏井先生から手紙

冬の火傷はかゆみとの戦いですね

with one comment




かゆみと言えば火傷の治療後半でおなじみですね。

重傷火傷になれば一生のおつきあいですけど。。。

かゆみときくと、そんなの我慢すればいいじゃなとか返してしまいそうですが、
これが以外と深刻な悩みだったりするのです。

痛みには痛み止めの方法があるので助かることが多いのですが、
かゆみに対しては医学的によくわかってないことが多く、
決定的な緩和する方法がありません。

私の患者経験的には眠剤とか抗ヒスタミン(=結局寝る?)ぐらいあったかもしれませんが、
火傷には無意味で、実際の苦しみとしてはかゆみの方がヤバイと思うのです。

そんなかゆみですが、メカニズムの解明が進んでいるようです。

かゆみとは
・かきたくなる感覚のこと、治りかけの傷がかゆいと感じる、弱い痛みである
・痛点や温点のような「かゆみ点」が存在する
・伝達速度はとても遅いが感覚を脳に伝える「かゆみ神経」が存在する
・遅い=優先順位が低い(2つ以上の感覚はさばききれない。痛みや熱さが優先される)

かゆい時はよくアイスノンを当てたりしてしのいだものですが、
冷たすぎることでまるでかゆみが消えたかのような感覚がえられました。
これはかゆみの感覚の優先順位が低いことを利用した、きわめて理にかなった行為だったんですね。

かゆみの再現
皮膚の表面のごく浅いところにだけ届く微弱な電流を流すと、手のひらが軽くしびれたような感じ、チクチクするセーターを着た時のような無性にかきたくなる感覚を再現できる。
かゆみ発生装置でかゆさを感じている男性10人の脳の中を磁気共鳴画像装置(MRI)で観察すると、全員の大脳の楔(けつ)前部に特徴的な反応が見つかった。痛みでは反応しない部分で「かゆみ中枢かもしれない」

かゆみにも痛点のようなセンサーと神経系があるようですね。
まあかゆみが幻ですといわれても困るのですけどw

かゆみ撲滅作戦
・皮脂を落としすぎない: 石けんで等で体をごしごし洗わない。
・血行をよくしすぎない: 風呂はぬるめ(38度〜40度)、酒や辛いもの控える。
・肌の乾燥を敷設: 湿度をたもつ(50%-60%)
・×食事制限: 
       タケノコ、ホウレン草、ナス、サトイモ(ヒスタミンに似た成分)
       トマト、イチゴ、チョコレート(ヒスタミン放出を促す)
・○推奨食品:
       抗ヒスタミンと同じような働きをする成分を含む食品としては、らっきょう・パイナップルなどがあり、
       緑茶のカテキンやハーブ類などに含まれるポリフェノールでも効果があると言われています。

Written by なご

4月 1st, 2012 at 11:40 am

Posted in 火傷の症状

One Response to '冬の火傷はかゆみとの戦いですね'

Subscribe to comments with RSS or TrackBack to '冬の火傷はかゆみとの戦いですね'.

  1. 寒い時期になるとめっちゃ痒いですね(涙)私は全身です

    一人暮らしして大人の社会に入っても仕事中も寝てる時も痒みで頭がいっぱいでした(T_T)
    汚れた布団はキリがないので諦めてました[右下]
    でもクレイセラピーというものに出逢ってからは痒みも断然ましです
    マリーファンゴというクレイが私には合いました◇
    あと精製水とハチミツ少しを皮膚に塗ることも効果ありました[右上]でも全身ベタベタして気持ち悪いです

    どちらも毎日継続することが大切です
    そろそろ寒くなるなぁぐらいにやれば大丈夫かと

    まなみ

    2 7月 12 at 11:23 AM

にほんブログ村へ

Leave a Reply