火傷の広場(やけどSNS)やけど、熱傷、低温火傷の手当て、ケロイド・肥厚性瘢痕の治療法、培養皮膚、火傷ソーシャルネットワーク

火傷の手当、治療、SNS

SNS日記

火傷2ch

火傷RSS



やけどSNS

火傷とは長い付き合いという方、
やけどSNSはそんなあなたのための場所です。

仕組みはmixiやFacebookなどと同じ会員限定のサービスで、 火傷という共通体験をベースにして日常趣味から生き方まで何でも語り合います。 かつての「やけどBBS」のような緩い絆といえば分かる方!ぜひご登録ください(無料)。 詳細はやけどSNSへどうぞ。来る者拒まず、出る者引き止めず、お試し大歓迎ですよ。

やけどSNS
アカウント:
パスワード:



一刻も早く火傷を治したい!

火傷をするとじんじんと痛んだり、元の通り治るのかと不安になると思いますが、 正しい処理を施せばほとんどのケースでほぼ完治しますので、 対応方法をよく読んで、落ち着いて行動してくださいね。

火傷を治す為に

湿潤療法とは
気道熱傷とは
火傷とは
低温火傷とは
面積による火傷分類
火傷の応急手当、対処法
深さによる火傷分類(Boyer)
熱源による火傷分類

火傷専門医情報

重症熱傷患者の看護
第II度熱傷の治癒には約6週
デブリードマンとは
培養皮膚の分類、歴史
培養皮膚の現状
火傷の治療法(病院)
病院の実力 ~形成外科~
細胞外マトリックスとは
湿潤療法、夏井先生から手紙

やけどは重傷だと治らないし、湿潤療法は傷が塞がったらもうだめだし

without comments



火傷は、ある一定程度以上の深さと範囲を伴うと、残念ながら何をどうしてもしても完全に治ることはありません。そうなった人は火傷体験フローチャートでいうと、「3.火傷の広場にようこそ」にたどり着きます。治らない火傷を持ってどう生きていくのか、科学の発展により治る時代は来るのかといった疑問への答えを探しています。
火傷の広場は第一義的にはそんな人(私)のために存在します。
チャートでわかる火傷体験

ただ、火傷といっても私のような重傷者はごくわずかで、ほとんどは今まさに火傷で悩んでいる人、火傷したけど治った人、火傷周辺に興味のある医療関係者あるいは一般の人です。
なので、ここ2009年ぐらいからは、火傷に関することならなんでもそろえようといった意気込みで情報を集めてもいます。

湿潤療法について
現在、火傷治療のトレンド(新しい常識)となっている湿潤療法というものがありますが、残念ながら私や管理メンバーにこの経験者がいないので、今のところ、一般的に知った情報だけがブログに載っている状況です。

というわけで、従来から存在する植皮をはじめとした固定観念的な治療情報に偏らないように配慮しつつも、湿潤療法の踏み込んだ内容については専門家に任せるということで、役割分担できれば理想的だななどと思っています(湿潤療法に詳しいライター募集中!)。

Written by なご

11月 22nd, 2009 at 11:36 am

Posted in 湿潤療法

Tagged with

にほんブログ村へ

Leave a Reply