火傷の広場(やけどSNS)やけど、熱傷、低温火傷の手当て、ケロイド・肥厚性瘢痕の治療法、培養皮膚、火傷ソーシャルネットワーク

火傷の手当、治療、SNS

SNS日記

火傷2ch

火傷RSS



やけどSNS

火傷とは長い付き合いという方、
やけどSNSはそんなあなたのための場所です。

仕組みはmixiやFacebookなどと同じ会員限定のサービスで、 火傷という共通体験をベースにして日常趣味から生き方まで何でも語り合います。 かつての「やけどBBS」のような緩い絆といえば分かる方!ぜひご登録ください(無料)。 詳細はやけどSNSへどうぞ。来る者拒まず、出る者引き止めず、お試し大歓迎ですよ。

やけどSNS
アカウント:
パスワード:



一刻も早く火傷を治したい!

火傷をするとじんじんと痛んだり、元の通り治るのかと不安になると思いますが、 正しい処理を施せばほとんどのケースでほぼ完治しますので、 対応方法をよく読んで、落ち着いて行動してくださいね。

火傷を治す為に

湿潤療法とは
気道熱傷とは
火傷とは
低温火傷とは
面積による火傷分類
火傷の応急手当、対処法
深さによる火傷分類(Boyer)
熱源による火傷分類

火傷専門医情報

重症熱傷患者の看護
第II度熱傷の治癒には約6週
デブリードマンとは
培養皮膚の分類、歴史
培養皮膚の現状
火傷の治療法(病院)
病院の実力 ~形成外科~
細胞外マトリックスとは
湿潤療法、夏井先生から手紙

湿潤療法について教えてください

without comments



12日前に1歳5ヶ月になる息子にポットのお湯で火傷をさせてしまった母親です。


 
  1. だいあん mail 2007/03/05 (Mon) 15:07:04

    12日前に1歳5ヶ月になる息子にポットのお湯で火傷をさせてしまった母親です。
    お腹と左足に2度の火傷という事で土曜日まで近隣の医院で従来の消毒+ソフラチュール+ガーゼの治療を受けていましたが、お腹の方の治りが遅く、大変痛がるのでこのBBSで湿潤療法のことを知り、遅まきながら今日治療を受けてまいりました(転院にあたっては前の医師から、後少しで治るのに・・と言われました)。

    それで質問なのですが、始めから湿潤療法を受けず、ガーゼでせっかくできた皮膚がむけてしまったために跡がひどく残ってしまうということはあるのでしょうか?
    また、足の方はもうほとんど上皮化されているのですが、乾燥した皮膚に湿潤療法を施すことによって跡が残りにくくなるということはあるのでしょうか?
    始めからこの治療を受けさせていればと悔やむ気持ちを押さえきれずにいます・・。

  2. 素人ですが経験者 2007/03/05 (Mon) 21:54:27

    火傷で湿潤療法を経験した者です。
    私もこちらのBBSで湿潤療法を知り、「新しい創傷治療」のHPを熟読して受診しました。
    医者ではありませんし、ガーゼでの治療を受けたことが無いので、そこのところを考慮して読んで下さい。

    > 始めから湿潤療法を受けず、ガーゼでせっかくできた皮膚がむけてしまったために跡がひどく残ってしまうということはあるのでしょうか?
    「新しい湿潤療法」のHPのどこかにも書いてあったのですが、湿潤療法とそれ以外の保存的な治療法(外科手術をしないで治すこと)の間で「どれだけキレイに治るか」に大きな差は無い、とお医者さん達は感じているようです。
    ただ、火傷の深さによって跡が残る程度は変わります。これは皮膚の構造上、現代医学では避けられないようです。
    だいあんさんのお子さんの場合、消毒すること或いはガーゼで皮膚がむけたことで、傷の深さが本来の火傷の深さよりも深くなってしまっているとすれば、最初から湿潤療法で治療していた場合よりも跡がひどくなってしまう可能性はあると思います。
    でも、お子さんが1歳5ヶ月と小さいので、成長するに従って跡が目立たなくなる効果の方が遥かに大きいと思います。

    > 足の方はもうほとんど上皮化されているのですが、乾燥した皮膚に湿潤療法を施すことによって跡が残りにくくなるということはあるのでしょうか?
    湿潤療法は、あくまで「跡を残さない為の治療」では無く「傷をふさぐ為の治療」です。
    上皮化した部分に湿潤療法をするのは、ナンセンスですよ。
    でも保湿クリームやローション程度のもので皮膚の乾燥を防いだ方が火傷跡がひどくならないみたいです。

    早く良くなるといいですね。
    過ぎた時間を悔やんでも仕方ないですから、今出来る最善・最良を目指して下さい☆

  3. だいあん 2007/03/05 (Mon) 23:31:54

    経験者さん、お返事ありがとうございます。
    どうしても湿潤療法の「痛くなく早くきれいに治る」の「きれいに」の部分が気になってしまって・・。
    先ほどこんなサイトのページも見つけました。
    http://www.araya.dr-clinic.jp/woundtreattrial.page.html
    お医者さんが自分で傷をつけて、従来の方法と湿潤療法を比べるという面白い物です。
    やはり湿潤の方が早く治っていますが、傷の残り方は双方にそれほど違いはありませんね。

    うちの場合、当初二週間くらいで治ると言われた割にはお腹の傷の治りが遅く、これは思ったよりも重症なのではないかと心配して湿潤療法に変えたのですが、湿潤療法の先生からは「傷が深いというよりは、(従来の)治療法のせいで治りが遅くなってるんじゃない?」と言われてしまいました。しかもお風呂にはまったく入れてなかったのですが、「うちの患者さんは受傷後3日ぐらいでどんどん入れちゃってますよ」と言われて、今までの苦労は何だったの~っといった感じです。ガーゼをはがす時、息子は髪の毛がびしょぬれになるほど泣き叫んできたのに、早くお医者さんを変えてあげなくてホントにごめんね・・。でも前の先生も一生懸命やってくれていたので、それはそれで感謝しているのですが。変えるという話をした時、「湿潤療法は知らないけど、昔からこの方法で直してきたから。あと3日でいいから続けませんか」と言いながら、ドライヤーで患部を乾かしていました(^^;)

    あとはもうとにかく傷跡があまり残りませんように・・と祈るのみです。
    傷が治ってしまったあとの治療はやはり代官山さんや川添さんに行くしかないんでしょうか?
    どなたかが、代官山さんや川添さんも所詮は湿潤療法だと言っているのを読みましたが、傷がふさがったあとでも皆さん治療を続けているわけですよね?
    周ファビアンを通販で買って家で塗るのは無意味でしょうか??

  4. 素人ですが経験者 2007/03/06 (Tue) 19:25:56

    ガーゼにドライヤーって、その先生キョーレツですねー!
    極めつけに「昔からこの方法で直してきたから」って!!
    その先生、人は良いのかもしれませんが、新しい治療を学ぼうとか主体的に考えようとかいうプロ意識、無いんですかね…
    と思ってたら、だいあんさんの紹介してくれたサイトに、
    『大げさですが、「湿潤療法」を理解していない医者は「勉強していない」「自分の過ちを正せない」可能性があります。医者選びの一つの基準になるかも知れませんね』
    って書いてありました。
    まさに同感です…。

    > どなたかが、代官山さんや川添さんも所詮は湿潤療法だと言っているのを読みましたが、傷がふさがったあとでも皆さん治療を続けているわけですよね?
    > 周ファビアンを通販で買って家で塗るのは無意味でしょうか??
    川添さんは知りませんが、代官山では傷が塞がる前と傷が塞がった後では治療法は変わります。
    代官山で傷が塞がった後にされる治療は、全く湿潤療法と異なるものです(もともと代官山でされている治療は厳密な湿潤療法ではありませんが)。
    とにかく、湿潤療法は塞がった傷にしても意味が無いし、キレイになるものでも無いです。
    そんなに高い皮膚再生効果があるなら、毎晩顔にワセリン塗ってラップして寝ますって(笑)

    周ファビンを塞がった傷に塗るのは、そこそこ意味があると思います。
    保湿と色素沈着防止という観点で、です。
    塞がっていない傷に対しての効果はギモンです。毒にも薬にもなるのではないでしょうか。

  5. だいあん 2007/03/07 (Wed) 16:08:26

    経験者さん、またまた貴重な情報ありがとうございます☆
    湿潤療法だけでなく、代官山さんについても詳しいんですね!
    代官山さんは受傷当初からHPの存在を知っていましたが、周りの人々(知り合いの小児科医を含む)から広告に偽りありだから少し頭を冷やせと言われ、どなたか客観的に知っている方はいないかな・・と探したのが、そもそもこのBBSにたどり着いたきっかけでした。

    結果的に湿潤療法を知ることができてよかったのですが、傷が治った後少しでも色素が沈着するのを防ぐためにビタミンCってありなんじゃないかと思いまして、半年くらいほうっておくよりも何かしたい気持ちから、一度代官山さんにも連れていってみようかなと。
    傷がふさがった後の治療は具体的にどうするのかご存知ですか?
    一度見せに行かなければならないのはわかりますが、毎日来いと言われたらどうしようって感じです。しかもそれって保険適応外ですよね、きっと。

    昨日息子を受傷後初めてお風呂に入れました。胸の傷は、前の医者に塗られた紫色の消毒薬と乾いた皮膚とで何がなんだかわからなくなっていたのがふやけてとれて、シャワーで洗い流すことができました。下はピンク色に上皮化していて、まだ足とともに完全にはふさがってはいませんが、後一息かな、といった様子です。ただ幹部が痒いようで、よくこすっているのが気になります。蒸れるのか、治ってきているからなのか、本人がしゃべれないので??ですが。もしかして前の治療で少しかさぶた化してて、そのせいかも・・。
    でも今日はここ2週間で初めて日曜日以外で病院に行かずに済んで、家でのんびりできています♪湿潤療法様様ですね!!

  6. 匿名希望 2007/03/08 (Thu) 21:25:03

    だいあんさんも代官山でしたか。
    私も代官山から閉鎖療法に変えて、今、治った部分ともう少しの部分とで治療中です。
    代官山さんのドライヤーと消毒と毎日の通院には??の意見が多く、
    実際に病院変えてから先生に「ドライヤーで乾かす??」と驚かれました。
    「だから乾いてたんですか」と。

    これから治った部分の治療をどうしようか思案中です。
    まだ大きな部分は時間がかかりそうなんですが、
    小さい部分は黒や赤に変色したままなので、
    前にシミ取りで購入した1万のハイドロキノンのクリームあるから、
    完治した場所に塗りこみ始めました。

    火傷は完治しても、これから長くかかるのでしょうね。

  7. 素人ですが経験者 2007/03/09 (Fri) 00:32:07

    代官山の治療は、こちらのBBSで聞きかじった情報が元なので経験談ではありませんので悪しからず。
    傷がふさがった後での代官山の治療は基本的に、周ファビンローション+適当な軟膏とかだと思います。
    場合によってはステロイドもあるか?
    さすがに塞がった傷の治療に毎日通院は無いと思います。
    料金もローション以外は保険適用だと思います。
    代官山の先生も「昔からこれで治してるから」タイプの先生ですよ。
    そこのところを覚悟して通った方が良いです。
    前回の書き込みではドライヤードクター(笑)をあんな風に言ってしまいましたが、ある程度の年齢以上の医者は、患者の気持ち構わずで疑問も無く治療する人が多いのは仕方ないのかなぁ…

  8. 素人ですが経験者 2007/03/09 (Fri) 00:44:42

    そうそう、お風呂に入れるのは大きいですよね。
    お風呂に入れれば、かぎりなく普通の生活に近い生活が送れるので、火傷の治療に少々時間がかかっても明るく過ごせます。
    この効果は本当に大きい!

  9. 匿名希望 2007/03/09 (Fri) 09:39:54

    火傷の治療してる部分ですが、小さくなってます。
    まだ赤い新芽なのですけど随分縮んだ気がします。
    掲示板で見たのですが「皮膚が伸びる」と書かれてました。
    このまま縮んでくれたら小さい線になるかなって想像するけど、それは甘いかなー

    大きな部分が完治して皮膚が強くなったら、
    今度はレザー治療するしかないかと思ってます。
    美容外科は高いから形成外科で探す予定です。
    皆さんは火傷後はどうしますか?

  10. だいあん 2007/03/10 (Sat) 12:22:33

    通称ドライヤードクター、やはりかなり年配の先生でした。
    すごく近所なので、やけどした直後にびしょぬれのままタオルで包んで駆け込んだのですが、応急処置だけお願いしてあとは総合病院に移ろうかと思い相談すると気を悪くされたみたいで、どこへ行ったって同じことしかやらないし、昔は火鉢でセルロイドのおもちゃが溶けてくっついたのとかもしょっちゅうだった、みたいなことをおっしゃってました。
    ちなみにドライヤーは毎回かけたわけではなく、計二回でしたけど(^^;)

    でもいまだに従来の方法で治療している医療機関が大部分ですし、私でさえも理論としてはわかってるつもりでも、子供を湯船に入れるときはほんとにいいのかな?という気持ちがまだあるし、自分がすりむいたりしたら何も考えずにマキロンに手が伸びるんじゃないかと思います。習慣って恐ろしいですよね・・。湿潤療法が一般化するには何十年もかかるんじゃないのかなぁ。

    昨日また息子を病院に連れていきました。お腹はかさぶたがとれて、下のピンク色の肌が出てきたのでてっきり上皮化が進んでいるのかと思いましたが、まだ傷のままだと言われてショック!! 先生には「前の治療があったから、また一からやり直しだから」と言われましたが、二週間以上経つのに全然治ってないということはほんとに2度なのか?疑問になりました。先生もよくわからないみたいで、3度ではないと思うけど様子を見ましょうって感じで・・。まだまだ時間がかかりそうです(泣)。

  11. 素人ですが経験者 2007/03/10 (Sat) 18:45:29

    火傷の深さを判定するのはベテランのお医者さんでも難しいみたいですからね~。
    ガーゼをはがすときに皮膚がむけるっていうのは、新しく怪我をしているようなものですし、また一からやり直しってのはそういう意味ですかねぇ…。

    でも、良い湿潤療法の先生に出会えたみたいで良かったですね。
    お子様の火傷が早く良くなりますように。

  12. だいあん 2007/03/12 (Mon) 17:16:24

    今日またお医者さんに行ってきました。
    土曜日あたりから傷に黄色いモヤモヤが出てきだして、順調に治ってきているといわれました。私は気がつかなかったのですが、お腹は傷の周りの皮膚がもう伸びてきていて、大きさも小さくなってきているとのこと。痕も残らないんじゃないかと言われてちょっと安心しました。

    でも実は経過がいいと思っていた足の方が重症みたいです。昨日厚いかさぶたがとれたのですが、3箇所ほど深くえぐれたようになっていました・・。前の治療でかさぶたになった箇所以外は上皮化されていたので大丈夫だと思っていたのですが、やはりかさぶたはあなどれませんね。下が見えないので、深くなっているのがわかりませんでした。肉芽は生えてきています。

    匿名希望さんも、途中から湿潤療法に変えたんですよね?
    やはり従来の方法のせいで、治るのに時間がかかっていますか?
    うちは前の先生に通った12日間分、始めからやり直している感じです。
    せっかく経験者さんに代官山さんについて教えてもらいましたが、行けるのはまだ先かな。ビタミンCローションは色素沈着には有効だと、「新しい創傷治療」にも書いてありました。
    ただ赤みや色素脱失、皮膚の質感の違いには効かないようですが・・。でも代官山さんのHPではいろんな状態のものを治してますよね?? 匿名希望さんは始めに代官山に通っていたんですか? 傷がふさがった後で戻るつもりはないんでしょうか・・?

  13. ぺきぺき 2007/03/16 (Fri) 20:15:01

    だいあんさんへ
    赤みや色素脱失、皮膚の質感の違いには、代官山の薬はきかないのですか?

  14. だいあん 2007/03/18 (Sun) 15:02:26

    いえいえ、私はこれから代官山さんに行こうかと思っている身ですから、治療法やその効果についてはよくわかっていません。
    ただ、傷が治った後も何かをしたいという気持ちからいろいろ調べている状態です。

    「リン酸エステルと結合したビタミンCローション(これって周ファビアンのことですよね??)は外傷後の色素沈着にのみ効果があります。傷跡の質感の変化、赤味、色素脱失などには効果はありません。」という文は、湿潤療法のサイト「新しい創傷治療」のBBSで見つけました。お医者さん達による書き込みが読むことができます。詳しくは[1013]やけどの傷をきれいにする薬 というスレに書かれています。 

    肥厚性瘢痕、ケロイドにはステロイドテープがよいとも書いてあります。このBBSの過去ログに、代官山さんの治療で瘢痕が目立たなくなったと言うお母さんがいらっしゃいましたが、テープを処方してもらっていたようなので、治ったのってローションじゃなくて、テープのおかげ??という気もします・・。

    上記のBBSの[1035]火傷の治癒後、さらに綺麗に というスレも興味深いです(探すのが大変でしょうが)。浅達性2度熱傷であっても、色素沈着や色素脱失は起こるので、受傷前の状態に戻せと言うのは所詮無理な話だ、というのがお医者さんの本音のようです・・。色素沈着や色素脱失は本当は「痕」とは言わないのでしょうね。遮光と保湿をして時間が経てば
    気にならなくなる、ということでしょうか。ちなみに息子の主治医は保湿も特にしなくていいという考えのようです。何が入っているかわからないから、傷が治った後でも適当なクリームを塗るのはよくないと申しておりました。特に白い乳液タイプのものは傷に有害だそうですよ。

    今かかっている先生や知り合いの先生に聞いても、「ビタミンCローション??」

  15. ぺきぺき 2007/03/19 (Mon) 23:17:39

    リン酸エステルから探していったのですが、ここに出てくるビタミンCローションを説明している先生は代官山皮膚科整形外科の伊藤先生で、代官山整形外科の周先生とは、病院も医師名も違うようです。
    似たような名前の病院だからややこしいですね。

  16. ぺきぺき 2007/03/20 (Tue) 21:56:46

    前述の訂正と補足ですが、、シュウファビアンの説明として、代官山整形外科でないHPにはリン酸エステル含有と書いてありました。
    今はHPに出ていないですが、少し前に偽物が出回っていることが注意書きとしてあったので、確かに本物なのか確認してみる必要はありかな?と思っていました。
    代官山整形外科のHPの中にはリン酸エステルのことが書かれているところは今のところ見落としているかも、、見つけられません、。

  17. 匿名希望 2007/03/22 (Thu) 09:46:47

    周先生は美容外科なので怪しいのしか売ってないです。
    Cローションを買って顔に一ヶ月塗りましたが、シミは消えてないです。
    もし消えたら火傷後に購入しようと思ったけど高額なのに消えてない。
    あそこはインチキですよね。

  18. だいあん 2007/03/22 (Thu) 12:40:17

    代官山皮膚科整形外科というのがあるのは知りませんでした!
    ここは火傷治療は行っていないのに、しみやにきび痕用に似たようなビタミンCローションを出しているのですね。
    代官山整形外科のHPの英文での論文のところに、ビタミンCの誘導体としてphosphatic ascorbateが入っている、と書いてあります。これがリン酸エステルなのでしょうか??

    匿名希望さんのようなケースでは、きっともっと長く通えば治ると言われるんでしょうね・・。
    火傷でなければすぐ効き目がわかりそうだけど、本当に効くかどうかもわからないのに高額の商品を買いつづけるのは確かに抵抗があります。
    ちなみに60ccのローションで1ヶ月もつのでしょうか?
    塗り方は普通に手にとって擦り込むだけでいいのですか?

  19. あらら 2007/03/23 (Fri) 09:11:53

    だいあんさんはじめまして
    代官山に通っています。
    もしネットで購入なさる予定なら、、本物を。

    同じような名前で流通しているようですが、使った方のブログを読んでも改善が見られたとはあまり書かれていません。

    使用範囲などによっても量は違うと思います。
    クリームも使いますし。高価なものであればこそ、しっかり効く様にお使いになったほうが良いと思います。
    我が家は一ヶ月に100CCくらいです。
    一度受診し、治療法に納得してからはじめられてはいかがでしょう?
    担当医が驚くほど息子の場合は瘢痕が収縮し柔らかくなり、赤みも随分おさまってきました。

  20. だいあん 2007/03/24 (Sat) 14:56:17

    あららさん、アドバイスありがとうございます。
    代官山さんの治療がお子さんに効いているようで、本当によかったですね(過去ログも読みました)。

    火傷痕についてはこれといった治療法がないために、皆さん試行錯誤を繰り返すのは仕方のないことだと思います。
    でもたとえ気休め程度のものでも、たとえ時間がたてば同じ結果になっていたとしても、やはり何かしないと気が済みませんものね。だからあららさんのご指摘の通りに、1度受診をして自分の目で確かめてみたいと思います。

    うちの子の火傷は最近急速に上皮化が進んできていて、あと1・2週間くらいかな・・といった感じです。
    代官山には来月になったら行ってみるつもりです。
    皆さん、いろいろ情報をありがとうございました!!

  21. 匿名希望2 2007/03/28 (Wed) 23:13:04

    Cローションを顔に塗って2ヶ月ですが、全くシミも変わらなかったので、
    火傷後も無駄な抵抗ですね。
    お金損しました

  22. 匿名希望 2007/03/29 (Thu) 09:14:13

    川添さんのところの工作員が必死ですね

  23.  2007/04/06 (Fri) 17:17:20

    Cローションは火傷治療用と美容用で
    違う処方になっていると聞きましたよ。

  24. あー 2007/04/07 (Sat) 13:05:26

    ここでの代官山って周ローションじゃないとこですよね?

  25.  2007/05/14 (Mon) 06:21:09

    1万のハイドロキノンって、量はどれぐらいなんでしょうか?5g=¥500が形成外科・皮膚科の相場だと思います。

 

Written by なご

3月 5th, 2007 at 4:20 pm

Posted in 湿潤療法

Tagged with

にほんブログ村へ

Leave a Reply